よく聞くクレジットカード現金化

巷でよく耳にするクレジットカード現金化というものに関して調べてみると大まかに2種類の方法で現金化する方法がある事がわかりました。
一つ目の方法はキャッシュバック方式です。
まずクレジットカードの現金化を行うのは大前提として個人で行うのではなく、商品買取業者などと組んで行う事になります。
キャッシュバック方式はクレジットカードの限度額いっぱいまで指定の業者から指定の商品を買います。
買った商品を指定の業者に払い下げます。
その際に報酬としてキャッシュバックを受ける方法です。
最近では現金だけでなくポイントや電子マネーでバックしてもらう方法が多くなっています。

もう一つの方法は商品を買い取る方法です。
こちらも指定の業者から指定の商品をクレジットカードの限度額いっぱいまで買います。
買い取った商品を買取専門店などに買い取ってもらい現金を手にする方法です。
これらの現金化の方法を実行すれば基本的にはクレジットカード会社から購入金額の代金の請求がきます。
通常の方が行うことで得るメリットはあまり多くありません。
至急、審査なしで高額な現金を必要とする場合には有効的な手段です。
しかし、利息分など最終的には返済しないといけない金額がより高額になってしまうだけです。
基本的にクレジットカードを現金化するのに適している人は自己破産などを近々で実施予定の方々です。
クレジットカードの限度額を現金化し、自己破産すれば自己破産に必要な経費以外の現金を手元に残すことが可能となります。
ただし、弊害もあります。
一度自己破産を行ってしまうと、社会的な信用を失ってしまう事になります。
自己破産後には単純に住宅ローンや学資ローンなどの金融機関からの貸付を受けることは基本的には行えない状態になってしまいます。
クレジットカード現金化を行えばその場をしのげる現金を手に入れることは可能です。
クレジットカード現金化を行うのは借入金がいっぱいで借金で首が回らないがクレジットカードをまだまだ利用できる人です。
これらの方が最後の現金を手に入れる手段として利用するする手段として認識しておいた方が良いと考えられています。